ご注文合計金額が¥7,700(税込)以上で送料無料

現在カート内に商品はございません。

閉じる

2022/10/03

  • DIY(ハンドメイド)

100均Watts(ワッツ)で見つけたタッセルメーカーの使い方♡ どの糸を選ぶ? どう作る?

SNSシェア

  • twitter
  • facebook
  • line

【INDEX】


  1. 流行のタッセルが簡単に作れる「タッセルメーカー」
  2. タッセル向きの糸はどれ? 試したくて色々用意してみた!
  3. タッセルを作り始める前に、まず準備
  4. いよいよ、タッセル作りスタート!
  5. 色んな糸で、オリジナルタッセルを作っちゃいましょー!



「ワッツオンライン」コラムのレポーター“まつ”です。

秋になるとハンドメイド欲がわいてくるのはなぜ!? そんな「何かちょっと作りたい気分」のときにぴったりの便利アイテム、「タッセルメーカー」をワッツオンラインでゲットしました♪

実際に使ってみて便利だったポイントやキレイに作るコツなどを、ご紹介していきます~!


流行のタッセルが簡単に作れる「タッセルメーカー」




大サイズのタッセルは約6.5cm、小サイズのタッセルは約3.5cmに出来上がります。

2サイズ入っているのが嬉しいですね~。


タッセル向きの糸はどれ? 試したくて色々用意してみた!


写真左から






写真左から





タッセルを作り始める前に、まず準備

各部位で使う糸を用意する


写真左上から時計まわりに

  • ストラップ用の糸(今回は緑の刺繍糸)
  • 中心を束ねるための糸(今回はピンクの毛糸)
  • 外側をぐるぐる巻くための糸(今回は黒の刺繍糸)
  • タッセル本体の糸(今回はベージュの毛糸)

となっています!


今回は、どの糸がどこに使われているのかわかりやすいように、全て違う糸にしていますが、実際に作るときは全部同じ糸でOK

お好みのデザインや配色、結びやすさなどで糸を選んでくださいね。


それぞれの糸の長さの目安は…これくらい♪

ストラップ用の糸


ストラップにする部分の長さはお好みで。ポイントは、結んだ先の垂れている部分を長めにとっておくことです!

中心を束ねるための糸


タッセルパーツメーカー(大)の2倍くらいの長さをとりました。自分が結びやすい長さでOK♪


外側をぐるぐる巻くための糸


タッセルパーツメーカー(大)の3倍くらいの長さをとりました。巻いた後に結ぶので、「ちょっと長過ぎたかな…」と思うくらいで、ちょうど良かったです。


いよいよ、タッセル作りスタート!

タッセルパーツメーカー(大)に糸を巻く


今回タッセル本体の糸として使ったのは、「コットン100 20g 11 ベージュ」。綿100%の毛糸です。


左上のスリットに引っかけてから、ぐるぐる巻いていきます。ピンと張った状態で巻くのがポイント。


巻き終わったら右下のスリットにかける


説明書には刺繍糸で10~20回くらいが目安とあったので、15回ほど巻いてみました。最後に右下のスリットに糸をかけてから切ります。


ストラップを埋め込んで、中心を糸で束ねる


ストラップ(上の写真で緑色の糸)の結び目が、真ん中の△印よりも下にくるように気を付けながら、埋め込みます。


ぎゅっと束ねた糸(上の写真でピンク色の糸)よりもストラップの結び目が上にあると、ストラップが抜け落ちてしまうので注意!


真ん中の結び目は、△印の場所を目安にします。強めに、2回以上ぎゅっと結んでおくのがおすすめ。こちらのタッセルパーツメーカーを使っていると、左右の隙間から糸を通せるので、ひとりでも結びやすかったです♪


巻いた糸をカット


先ほど束ねた中心を押さえながら、上の溝にハサミを入れて糸を切ります。このとき、ストラップも一緒に切ってしまわないように慎重に♪


切り終えたら反対側も切ります。そのときもピンと引っ張ると、キレイにカットできます。


ストラップが中心にくるように毛束をおろす


地味だけど、形を決める大事な作業。ストラップの位置が真ん中にくるように整えてくださいね。


上の写真では、それぞれの糸がどんな感じになっているのか見えるように、ちょっとかき分けてみました。


外側を巻くときにおすすめの方法


外側をぐるぐる巻いていくための糸(上の写真で黒の糸)を、写真のように上から下に持ってきて、くるっと外側に輪っかを作って左に流します。


外側をぐるぐる巻いていく


左に流した糸を、そのままぐるぐる巻いていきます。見た目のバランスはお好みで。


巻き終わりを輪っかに通す


巻き終えるときは、最初に作った輪っかの中に糸を通します。


きゅっと結ぶとあら不思議、結び目がかくれる


両端を持ってきゅっと結ぶと、結び目がかくれてキレイな仕上がりになります。上に出ている方の糸はカットし、下に垂れている糸はタッセルの房の一部にしちゃいます。


タッセルの端を切りそろえる


タッセルメーカーのふくらんだ部分にタッセルを通してからカットすると、キレイに切りそろえることができます。


このとき、写真の裁ちばさみのように重さのある大きめのハサミを使うと、一気にキレイに切れます。小さいハサミを使うときは、何度かに分けて少しずつ切っていけば大丈夫♪


手作りタッセルが完成!


上の写真では、構造?がわかりやすいように糸の色を変えてありますが、同じ糸を使うと楽です!

タッセルの房をボリュームアップさせつつ、糸の処理も簡単になります。


ここまで、初心者でも10分程度でできました♡


色んな糸で、オリジナルタッセルを作っちゃいましょー!


写真左から時計まわりに…


  • コットン100 20g 11 ベージュ

初心者でも作りやすいです! 糸がそれなりに太いため、細いストラップは抜けやすくなるので注意。


  • プリントコットン 20g 4 レッド

「コットン100 20g 11 ベージュ」と同じく、作業しやすいです。手軽にカラフルに作れるところがおすすめ。


  • レース糸 #40/10g グリーン
    まつのイチオシの糸です。しっかり結べるので、初心者でもキレイな仕上がりに。糸が細い分、巻く回数を多めにするのが、可愛く作るポイント。


  • 刺繍糸(各色)
    滑りやすいので、結ぶときにしっかりと結ぶのがカギ。最後にクシなどでとかして毛束をほぐすと、驚くほどキレイな仕上がりになります。


作ったタッセルは、キーホルダーやピアス、イヤリングなど、色々なものにアレンジして楽しめますよ♡


ハンドメイドに興味のある方は、こちらの記事もどうぞ。

>>「DIY(ハンドメイド)」カテゴリの記事一覧

関連アイテム