リリース記念!今だけ合計¥4,400で送料無料

現在カート内に商品はございません。

閉じる

2021/02/19

  • 防災

備えておきたい防災グッズ!“携帯できる洗濯おけ”の魅力と使い方

SNSシェア

  • twitter
  • facebook
  • line

防災グッズを備蓄しておきたいと思いつつ、「何をどれだけ備えればいいか分からない」と悩む方は多いでしょう。

飲料水やレトルト食品はもちろん、懐中電灯、電池などは基本的な防災グッズですが、忘れがちだけどあると便利なグッズは意外とたくさんあります。

そこで今回は、いざというときのために備えておきたい、Watts(ワッツ)で買える“携帯できる洗濯おけ”を紹介します。

防災グッズとしてはもちろん普段使いもできるので、気になる方はぜひチェックしてください。

折り畳み可能!携帯できる洗濯おけの魅力

携帯できる洗濯おけ

携帯できる洗濯おけは、Wattsで販売されている商品の中でも特に人気があるグッズです。

人気の秘密は「ビニール素材でできており、小さく折り畳める」こと。最大限小さくすれば、女性の手のひらにすっぽり収まるサイズ感になります。これなら防災リュックのポケットや荷物の隙間に入れることができるので邪魔になりません。

サイズは直径25cm✖️高さ15cm。4〜5リットルほどの水が入り、下着や子どものTシャツなど小さな衣類をちょこっと洗うのにちょうどいい大きさです。

気になる安定感ですが、水を入れると側面にピンと張りが出てじゃぶじゃぶ洗っても型崩れしませんよ。

災害時の節水洗濯の方法

携帯できる洗濯おけを使っているところ

水が貴重になることが想定される災害時は、最小限の水で洗濯をしなければなりません。効率よく洗濯をするためには、洗濯おけが2つあると便利です。

具体的な方法は以下の通りです。

  1. それぞれの洗濯おけに水を張ります。
  2. 片方に洗濯用洗剤を少量入れ、洗いたい衣類を洗濯液に入れてもみ洗いします。
  3. 汚れが落ちたら洗濯おけの上でよく絞って、真水が入っているもうひとつの洗濯おけですすぎます。
  4. すすぎ用の洗濯おけの上で水気をよく絞って、干します。

ポイントは、

  • 洗い用とすすぎ用の洗濯おけを用意する
  • すすぎ回数が少なくてもよい洗剤を少量使う
  • 汚れの少ない衣類から洗う
  • すすぎ用のおけに洗剤が多く入ったと感じたら、洗い用の水にする

防災グッズは備えるだけではなく、実際に使う方法やシーンを想像することで必要な個数や組み立て方法が分かり、いざという時にスムーズに活用できますよ。

携帯できる洗濯おけは普段の洗濯でも大活躍!

携帯できる洗濯おけは普段の洗濯でも活躍

災害時の洗濯おけとしてはもちろん、日常的に使いやすいのも人気の理由。

例えば、

  • 汚れ物のつけ置き
  • 下着の手洗い用おけ
  • 旅行や出張先での洗濯

など、活躍の場はたくさんあります。 特に小さいお子さんがいる家庭は、布おむつや食べこぼし、泥汚れなどでつけ置きをする回数が多いですし、下着を手洗いしている方は毎日のことなので、サッと取り出せてお風呂や洗面所で場所を取らない、携帯できる洗濯おけは重宝すること間違いなし!

また、今はウレタンマスクや布マスクを使っている方も多いので、小さいサイズの洗濯おけがあると便利ですよね。 吊り下げ穴がついているので、使った後はしっかりと乾燥させることができ衛生面も配慮されています。

携帯できる洗濯おけは災害時にお役立ち!

携帯できる洗濯おけ

携帯できる洗濯おけは省スペースで保管ができさまざまな使い道があるので、普段使いはもちろん防災グッズとしてとても優秀です。

いざという時に節水洗濯がしやすいように、できれば2つ程度備蓄しておくのがおすすめ!

携帯できる洗濯おけは、Wattsで購入できる商品の中でも特に人気の商品なので、見つけたタイミングでぜひご購入ください。

また、一度実際に使ってみて使い心地や節水洗濯の方法を予習しておくと、いざ必要になった時にスムーズに活用できますよ。

関連アイテム