リリース記念!今だけ合計¥4,400で送料無料

現在カート内に商品はございません。

閉じる

2021/04/25

  • 便利グッズ
  • 防災

【意外と忘れがち?な防災グッズ】圧縮タオルが便利すぎて驚く

SNSシェア

  • twitter
  • facebook
  • line

突然ですが、防災リュックの中にタオルを入れていますか?

タオルって日常生活の中では必需品ですが、筆者はワッツ(Watts)である商品と出会うまでは、すっかり防災グッズリストから抜け落ちていました。

そのある商品とは、「圧縮タオル」です。

今回は、実際に圧縮タオルを使ってみて「これはすごい!!」と感じたのでシェアしたいと思います。

Wattsで買える圧縮タオルは3種類

Wattsで買える圧縮タオルは3種類

Wattsでは、3種類の圧縮タオルが販売されています。

<圧縮タオルS>
圧縮時サイズ 約直径2cm  広げた時のサイズ 約26cm×16cm 個数 20個入り

<圧縮タオルM>
圧縮時サイズ 約5cm×2cm 広げた時のサイズ 約26cm×21cm 個数 8個入り

<圧縮タオルL>
圧縮時サイズ 約直径4.5cm 広げた時のサイズ 約35cm×23cm 個数 6個入り

価格はそれぞれ110円、材質は全てレーヨン100%。水につけてほぐしてから使用します。

タオルはかなりかさばるイメージがありますが、圧縮タオルは驚くほどコンパクトです。これなら家族分防災リュックに入れてもほとんど場所を取りませんよね。

また、小分けのビニール袋に入っているので衛生的ですし、万が一雨などでリュックが濡れてしまっても安心です。

小袋にもS、M、Lと記載されているので、大袋から出してまとめてポーチに入れ替えてもちゃんと大きさの区別がつきますよ。

圧縮タオルの使用方法は?

圧縮タオルの使用方法は?

圧縮された状態では、「これは本当にタオルなの?」というくらいカッチカチでミニサイズですが、水につけてほぐしてみると一瞬で水を吸収し膨らみました!

Sサイズなら大さじ1程度の水で十分ほぐれるので、水が貴重な災害時でも使いやすいのではないでしょうか。

Sサイズの圧縮タオル

水で戻すとしっとりと柔らかくなりました。 Sサイズはウエットティッシュのような薄さ、MとLはSよりも厚めでしっかりとした質感です。

SとMは大きさがあまり変わらないのに個数が倍以上違ったのでなんでだろう?と思っていましたが、厚さが全然違うので1個あたりの値段にこれだけ差が出たのも納得できました。

Sサイズの圧縮タオルはお手拭き、MとLサイズの圧縮タオルは体拭きに

Sはお手拭き、MとLは体拭きにもいいかな?という印象。

手洗いをすれば繰り返し使えないこともないですが、基本的には使い捨てになると思います。

たくさん備蓄してもさほど保管スペースを取らないので、各サイズ2〜3袋常備しておくと安心ですね。

通常のタオルと圧縮タオルをうまくおりまぜて災害に備えよう

通常のタオルと圧縮タオルをうまくおりまぜて災害に備えよう

タオルはかなりかさばるので、何枚も防災リュックに入れられませんよね。

限られたリュック内のスペースを有効活用するためにも、「入れるタオルのうち数枚は圧縮タオルに入れ替える」というように、うまく圧縮タオルを取り入れられるといいですね。

こうしてWattsでアッと驚く防災グッズに出会えたのも何かの縁!

この機会に「防災リュックの中身に不備や漏れがないか確認しなければ」と思う良い機会になりました。

関連アイテム